クレジットカードでコンビニ商品の代金支払いをする利点と注意点

コンビニのような少額決済を中心とした店舗でも、クレジットカードを使うようになりました。
最近のコンビニは、クレジットカードで支払いを済ませる時でも、2万円以下ならサインも不要になっています。
クレジットカードが一枚あれば、手持ちの現金がなくても買い物を楽しむことができますので、とても重宝します。
現金と比べるとスムーズに決済を行うことができるだけでなく、支払いが完了する前に先に商品を渡してくれるところもあるぐらいです。
クレジットカードは、決済額によってポイントが入るサービスもあります。
コンビニそのものがポイントサービスを行っているところもあり、便利にポイントを貯めることができたりもします。
現金で支払いをすればその場限りで終わりますが、クレジットカードで同じ買い物をするとポイントが入ることもあります。
有価証券はクレジットカードで決済ができないので、切手や印紙を買う時にはお金か必要です。
クレジットカードを使った買い物は、最近では一般的になっていますが、使う時には気をつけておきたいことがあります。
以前には、コンビニで使用したクレジットカードの番号がレジで不正に複写されて、勝手に商品を購入されてしまった事件がありました。
コンビニのレジ周りはいろいろと目を引くものが陳列されていますが、店員にも注意を払っておきたいものです。
また、クレジットカードの裏にはセキュリティコードが書かれていますので、人目れ触れないようにしましょう。

トンデケアを買うなら楽天がお得!?最安値で買うにはこの方法!